新郎新婦

格安の結婚式でも思いは変わらない|ケジメを付けられる

準備資金が足りないのなら

ウェディング

人気の会費制

入籍を済ませ、結婚式を行いたいと考えているものの、その予算が足りないために断念せざるを得ない状況の方は少なくありません。結婚式に掛かる予算は、挙式披露宴まで込みで350万円ほどが相場であるとされているため、招待したゲストから受け取ることができるご祝儀の金額で、ある程度補填することができるとはいえ、数十万円から数百万円の持ち出し費用が掛かってしまうのが一般的なのです。結婚式を行わないカップルの数は増加傾向にあり、実に半数近くが行わない選択をしていますが、その大半は、この予算の都合が付かないためという理由になっています。そういった中で人気を集めているのが、会費制結婚式です。これは北海道で行われている定番の結婚式の行い方であり、格安で行うことができるとして全国的に普及を見せています。

ゲストにも嬉しい選択肢

会費制結婚式とは、招待したゲストからご祝儀を受け取るのではなく、一律の会費を集めて行うやり方になっています。ゲストに対して、いわゆる「おもてなし」を行うのではなく、アットホームな二次会寄りの披露宴を行うのが一般的であるため、会場の設置費用や引き出物への負担なども格安になり、必要となる準備資金を、大幅に減らすことが可能になっています。また会費制結婚式には、招待されることになるゲストの立場から見ても、格安になるというメリットがあります。たとえば一般的な結婚式に友人の立場で参列する場合、ご祝儀として三万円を包むのがマナーとされています。一方の会費制では、高く見積もっても一万五千円ほどの出費になるのが相場なのです。つまり半額という格安での参列が可能になるため、より金銭負担を気にせず気軽に足を運びやすいのです。

披露宴の後の会

レディ

結婚式の二次会は披露宴と違って新郎、新婦の友人が会の中心になってきます。幹事は親しかった友人の中から依頼しますが引き受ける人がいないときは、二次会の代行会社もできていますので、そこのスタッフにお願いすることもできます。

詳細

なぜ式で会費を集めるのか

婦人

結婚式を会費制にすることで、招待客はご祝儀でいくら包むか考える必要が無くなります。また新郎新婦にとっても、会費で集まる額を式の費用に充てられるため、自己負担が最小限で済みます。さらにご祝儀を受け取るわけではないため、ご祝儀返しについて考える必要もありません。

詳細

面倒な幹事は代行業者に

ワイングラス

二次会代行業者を利用することで、会場探しや当日の会費回収など、面倒な幹事の仕事を業者に任せられます。また業者が持っているノウハウを活用することで、凝った演出の二次会にすることも可能です。必要な設備や司会者の手配もすべて業者が行ってくれるので、演出によって幹事の負担が増えることもありません。

詳細