披露宴の後の会|格安の結婚式でも思いは変わらない|ケジメを付けられる
ウェディング

格安の結婚式でも思いは変わらない|ケジメを付けられる

披露宴の後の会

レディ

親しい友人に

結婚式の二次会を新郎や新婦が主催するケースもありますが、通常は親しい友人に幹事のお願いをして、会場の手配や当日の進行を新郎や新婦に代わって担当してもらいます。幹事になる人は新郎側、新婦側1〜2名ずつ選びますが余裕をもって依頼して綿密に連絡を取って相談しながら、準備を進めていくことが大切なことになってきます。挙式を行う3か月前ぐらいには、友人に幹事の依頼を行って1か月前ぐらいには参加人数や料理などを決定しておきましょう。また二次会が終了したときには依頼した幹事さんに、お礼をすることを忘れないようにしてください。親しき仲にも礼儀ありですから、しっかりとお礼をしましょう。また友人が中心の二次会になりますので、あまり羽目を外しすぎないようにしてください。

気楽なパーテイー

結婚式の二次会は、披露宴に招待することができなかった友人などを中心にして、会費制で行われるのが一般的になっています。レストランなどを貸切にして軽い食事と飲み物などを用意して、参加した全員が歓談することができる立食パーテイー形式が多くなっています。友人が中心になってくる結婚式の二次会は、披露宴とは違って気楽なものになりますので、全員が参加できるゲームを用意するなど趣向を凝らして楽しいパーテイーになるように心がけましょう。一般的には新郎や新婦の親しい友人に幹事をお願いしますが、なかなかやり手がいないということも多くみられます。そんな時には二次会を代行する会社もありますので、その会社に幹事をやってもらうことも可能です。