なぜ式で会費を集めるのか|格安の結婚式でも思いは変わらない|ケジメを付けられる
ウェディング

格安の結婚式でも思いは変わらない|ケジメを付けられる

なぜ式で会費を集めるのか

婦人

招待客を悩ませない

結婚式というと、招待客がご祝儀を包むものと思っている方もいますが、そのようなスタイルだけではありません。最近では、招待客はご祝儀を用意するのではなく、会費制の結婚式を行うケースも増えてきています。会費制の結婚式とは、会費1万円と決めて、招待客は1人1万円を会費として支払う仕組みです。会費以上のお金を支払う必要はないため、結婚式に招待された時に頭を悩ませるご祝儀の額で、招待客は悩む必要が無くなります。またご祝儀の場合、相場は3万円ほどとなりますが、会費制の場合の相場は1万円から1万5千円ほどです。つまりご祝儀の額で悩む必要が無くなるだけではなく、支払う額の負担も減るので、招待客にとって会費制はメリットが大きいのです。

新郎新婦の負担を減らせる

会費制の結婚式を行うことのメリットは、招待客に限ったことだけではありません。新郎新婦にとっても大きなメリットがあります。その最大のメリットが、自己負担の額が減るということです。結婚式の費用のほとんどは、会費で賄えます。またご祝儀を受けとった場合、ご祝儀返しで引出物などの準備が必要となりますが、会費なのでご祝儀返しについて考える必要は無くなります。会費制では、招待客の数が多ければ多いほど、多くの会費が集まるため、費用の負担を考えずに豪華な式にできます。招待客の人数が決まっていれば、会費の集まる額も事前に計算できるため、その計算に基づいて式の演出などを考えていくことも可能です。少ない自己負担で、豪華な演出にすることも可能なのです。